夕刊フジ2018年10月31日ハクビシン被害記事内コメント掲載

弊社、駆除ザウルス(AAAホームサービス)の丸山が夕刊フジの2018年10月31日発刊の「ハクビシン首都圏出没中!」の記事内にてコメント協力いたしました。

夕刊フジ2018年10月31日記事

記事内で、丸山は次のようにコメントしています。

「(ハクビシンに侵入された家の)住民は、まず天井裏や床下の足音で異変に気付く。最初はそれがハクビシンとわからないため、泥棒かと思い警察に相談するという例も少なくない。家の中にすみかを作る過程で家の配線を傷つけてショートさせてしまったり、断熱材をひっかいて壊してしまうこともある。」

「ハクビシンの糞尿による悪臭が家の漂い始めるのはもちろん、場合によっては天井から尿が垂れてくることもある。天井うらに無線ルーターなどを設置している場合は、糞尿によって器機がショートし、室内の通信環境を壊されてしまう恐れもある。」

現在都心を中心に、ハクビシンの被害が年々増加の傾向にあります。
昨年10月から今年9月までのハクビシンの問い合わせ件数は、東京、神奈川を中心に400件以上でした。それに対して大阪、兵庫、京都、滋賀の問合せ件数の合計は13件。
ただハクビシンは全国で生息しているため、「いつ関西でハクビシンの被害が増加してもおかしくない」と、記事は締めくくられ、警戒を呼び掛けています。
天井裏や床下で物音がしたら、ハクビシンを始めとする動物達のしわざかもしれない、と疑ってみることも必要なことかもしれません。
物音などで不安を感じたら、いつでも駆除ザウルスまでご相談ください。
経験豊富なスタッフが、皆様の不安な お気持ちに応えます。
関連キーワード
  • 『月刊住職』ご愛読者特別ご優待キャンペーン実施中
    月刊住職を見た|『月刊住職』購読者・特別割引キャンペーン
  • 日経新聞にコメント
    東京都瑞穂町 ハクビシン駆除
  • 夕刊フジ2018年10月31日ハクビシン被害記事内コメント掲載
    夕刊フジにコメントが掲載されました
  • 本日の【東京新聞】朝刊にて取材を受けました
  • ジョブチューンに出演しました
    テレビ朝日『スーパーJチャンネル』、TBS『ジョブチューン』 取材
  • ハクビシンを見つけたら、連絡するのが的確な対応、と丸山が力説
    7月6日(金)放送・BS-TBS『ザ・撃退!3』
お問合せ
動物・虫でさがす

害虫獣の駆除のお問合せやご質問については直接フリーダイヤルへのお電話(0120-6494-39)、FAX(03-5758-6207)もしくは、以下の【お問合せ】ページから承ります。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
ゴキブリ
害獣・害虫
ゴキブリの生態3億年前より生息しているといわれるゴキブリは、世界で4千種。そのうち日本に生息するものは50種類程度です。体長はその種類によっ...
名物あぶらげ
ハクビシン駆除・対策
東京は12月とは思えない気温でしたが新潟はそこそこ寒かったです。 そんなわけで本日は新潟県長岡市にてハクビシン駆除です。 天気は雨ですが、今...
床下で遭遇したシマヘビ
ハクビシン駆除・対策
今日はハクビシンの調査で茨城県は那珂市にお邪魔しました。 くまなく調査がモットーなので、あちこち念入りに調べつつ最後に床下に入りました。 防...
雑司ヶ谷霊園
ハクビシン駆除・対策
今日も気持ちよく晴れて気分の良い一日。 現場は豊島区南池袋です。雑司ヶ谷霊園がすぐ目の前だったのでお昼休みに少し散歩してきました。 広い霊園...